[confrim] button display in wordress

▼「確認」ボタンの表示の件につきまして
二つお問い合わせフォームページの場合、
page path設定方法は下記のとおりです。

‘path’ : [‘/contact/’,’/job_contact/’],

ファイル:/wp-content/themes/cs/js/js/contact-form-7-confirm.js

Create a disabled input field in contact-form-7

Create a disabled input field

========================

You can do it by using jQuery. For instance, suppose you have a text field with id ‘your-text’ in your form as:

[text your-text id:your-text]

Then, add this jQuery snippet into some proper place:

jQuery(function($) {
	$('#your-text').attr('disabled', 'disabled');
});

Get or Post variable value display as default in contact-form-7 wordpress

入力項目のデフォルト値は通常フォームタグの値の部分から得られますが、これをフォームが置かれている文脈から取得することが可能です。

それには、フォームタグに default:{source} オプションを追加して、デフォルト値を取得したいデータソースを指定します。利用可能なデータソースは、get (HTTP GET 変数)、post (HTTP POST 変数)、そして post_meta (カスタムフィールド) です。また、ログインユーザーの情報も利用可能です。

例として、”your-name” を名前に持つ項目があるとします:

[text* your-name]

ここで HTTP GET 変数からデフォルト値を得るには、default:get オプションをフォームタグに追加します:

[text* your-name default:get]

これで、この項目はデフォルト値を、同じ名前 (“your-name”) を持った GET 変数から取得するようになります。フォームがあるページの URL にクエリー文字列を加えてアクセスしてみましょう:

http://example.com/contact/?your-name=John+Smith

問題なく動いていれば、当該項目に「John Smith」と入力されているはずです。

同様のロジックで、フォームタグに default:post_meta オプションが指定されていて、フォームを含んだページに “your-name” という名前のカスタムフィールドが設定されている場合に、そのカスタムフィールド値がデフォルト値になります。

では、単一のフォームタグに2個以上 default オプションが指定された場合はどうなるでしょう。次のフォームタグの場合を考えてみましょう:

[text* your-name default:get default:post_meta "Your Name"]

このフォームタグは2個の default オプションと値 “Your Name” を持っています。オプションは前から順に評価されます。この例では、default:get が最初に評価されます。もし GET 変数 “your-name” に値があればそれがデフォルト値に使われます。その値が空の場合は、次に default:post_meta が評価されます。どちらのオプションにも値がない場合は、”Your Name” が使われることになります。

 

more about contact form 7 click here

画像認証(CAPTCHA) in php form

Captcha adding in form

=======================

index.php

——————————————

//ランダムコード取得
$rand_code = rand();
$smarty->assign(“rand_code”,$rand_code);

index.tmpl (smarty)

——————————————

<tr>
<th>画像認証<span class=”red”>※</span></th>
<td>
<img src=”../captcha/captcha_code_file.php?rand={$rand_code}” id=”captchaimg” ><br /><br />
<label for=”message”>上記の文字列を入力してください。</label><br/>
<input style=”height:20px; font-size:18px;” id=”6_letters_code” name=”6_letters_code” type=”text”>
</td>
</tr>

————————————–

check.php

——————————————–

check the match and validation of entered captcha code.

details zip file Download

 

WordPressの自動アップグレードを表示させない方法

File: WordPressテーマのfunctions.php

============================

or create a plugin

===============================

WordPresのバージョンが2.3系~2.7系の場合

1
2
add_action( 'init', create_function( '$a', "remove_action( 'init', 'wp_version_check' );" ), 2 );
add_filter( 'pre_option_update_core', create_function( '$a', "return null;" ) );

WordPresのバージョンが2.8系~2.9系の場合

1
2
3
remove_action( 'wp_version_check', 'wp_version_check' );
remove_action( 'admin_init', '_maybe_update_core' );
add_filter( 'pre_transient_update_core', create_function( '$a', "return nul

WordPresのバージョンが3系以降の場合

1
add_filter( 'pre_site_transient_update_core', create_function( '$a', "return null;" ) );

WordPresのバージョンが3系以降の場合のコードの書き方として、

1
add_filter( 'pre_site_transient_update_core', '__return_zero' );

Low disk space alert bash script

Linux command

========================

cd /home/

vi disk_space_alert.sh

write into this bash script as follows

=========================

#!/bin/bash
#Define Variable
LIMIT='90'
DOMAIN=$(hostname)
DIR='/var/www'
MAILTO='hanamitsu_makoto@number-1.co.jp,saiful_takeshi@number-1.co.jp'
SUBJECT="Disk Usage Alert[$DOMAIN]"
#Command section
cd $DIR
USED=`df . |awk '{print $5}' | sed -ne 2p | cut -d"%" -f1`
DIRLIST=`du -sh ${DIR}/*`
if[ $USED -gt $LIMIT ]
then
 mail -s "$SUBJECT" $MAILTO <<EOF
 Hostname: $DOMAIN
 Your current used disk space is: $USED%
 Directory:${DIR}/*
 Details:
 $DIRLIST
DateTime: $(date)
EOF
fi

==========================

save file commadn

===========

😡

make the file as executable

========================

chmod +x disk_space_alert.sh

run this file

============

sh disk_space_alert.sh

 

 

corntab file

==============

#毎日10時00分に実行する
#ユーザー:root
00 10 * * * root /home/disk_space_alert.sh

 

zip file download 

 

WordPressで複数サイトで記事共有

PHP CODE

================

/*
* Remote wordpress database information settings
*/

define(‘MULTI_DB_HOST’,’default_remote__db_host’);

define(‘MULTI_DB_NAME’,’default_remote_db_name’);

define(‘MULTI_DB_USER’,’default_remote_db_user’);

define(‘MULTI_DB_PASS’,’default_remote_db_pass’);

define(‘MULTI_DB_PREFIX’,’default_remote_db_table_prefix’);

function use_database(){

global $wpdb;

$wpdb = new wpdb(MULTI_DB_USER, MULTI_DB_PASS, MULTI_DB_NAME, MULTI_DB_HOST);

$wpdb->set_prefix(MULTI_DB_PREFIX);

}
/*

* FOR DEACTIVATE JUST PUT # IN FRONT OF THE LINE

* Example For Deactivate: #add_action( ‘init’, ‘use_database’ );

* Example For Activate: add_action( ‘init’, ‘use_database’ );

*/

#add_action( ‘init’, ‘use_database’ );

 

README

================
* Remote wordpress database information settings<br />
* まずは、コンテンツを表示したいリモートWPサイトのデータベース情報を設置します。 <br />
*/<br />
<br /><br />

//リモートWPサイトのデータベースホスト名<br />
define(‘MULTI_DB_HOST’,’default_remote__db_host’);<br />
<br /><br />
//リモートWPサイトのデータベース名<br />
define(‘MULTI_DB_NAME’,’default_remote_db_name’);<br />

<br /><br />

//リモートWPサイトのデータベースゆーざー名<br />
define(‘MULTI_DB_USER’,’default_remote_db_user’);<br />
<br /><br />

//リモートWPサイトのデータベースパスワード<br />
define(‘MULTI_DB_PASS’,’default_remote_db_pass’);<br />
<br /><br />

//リモートWPサイトのデータベーステーブルプレフィックス<br />
define(‘MULTI_DB_PREFIX’,’default_remote_db_table_prefix’);<br />

<br /><br />

//関数(編集しないでください。)<br />
function use_database(){<br />

global $wpdb;<br />

$wpdb = new wpdb(MULTI_DB_USER, MULTI_DB_PASS, MULTI_DB_NAME, MULTI_DB_HOST);<br />

$wpdb->set_prefix(MULTI_DB_PREFIX);<br />

}<br />

<br /><br />
/*<br />
* FOR DEACTIVATE JUST PUT # IN FRONT OF THE LINE<br />
* Example For Deactivate: #add_action( ‘init’, ‘use_database’ );<br />
* Example For Activate: add_action( ‘init’, ‘use_database’ );<br />
*/<br />

<br /><br />
//①上記の関数Activateする<br />
add_action( ‘init’, ‘use_database’ );<br />
<br /><br />
//②上記の関数Activateしない<br />
#add_action( ‘init’, ‘use_database’ );<br />

<br /><br />

▼重要<br />
全体的にこのプラグインをDeactivateする前に<br />
必ず上記の関数をActivateしない②ように設定し、<br />
プラグインの[Deactivate]リンクをクリックしてください。<br /><br />

②ように設定しないでDeactivateリンクをクリックすると<br />
Activateされたまま使っているリモートデータベースが更新されます。<br />
それで、本データベースを更新するために必ず「Edit」リンクをクリックして<br />
プラグインファイルにあるadd_action()関数をコメントアウトするのが必要です。<br />

<br /><br />
※同じようなActivateする前にも<br />
必ずリモートデータベース情報設置し、<br />
add_action()関数(①)をactivateするのが必要となります。<br />

<br />

Download plugin ZIP file >> Download

==================================

MODIFIED

wp admin panel and front page are using different DATABASE

==============================================

/*
* Remote wordpress database information settings
*/

define(‘MULTI_DB_HOST’,’mysql577.phy.lolipop.jp’);

define(‘MULTI_DB_NAME’,’LAA0238683-ckpjfk’);

define(‘MULTI_DB_USER’,’LAA0238683′);

define(‘MULTI_DB_PASS’,’7Vg8kqft’);

define(‘MULTI_DB_PREFIX’,’wp1_’);

define(‘MULTI_DB_PREFIX_SP’,’wpsp_’);

function use_database(){
global $wpdb;
$wpdb = new wpdb(‘LAA0238683’ , ‘7Vg8kqft’,’LAA0238683-ckpjfk’,’mysql577.phy.lolipop.jp’);

if($_SERVER[‘SCRIPT_NAME’]==’/wp-login.php’ || (preg_match(“/^\/wp-admin/”, $_SERVER[‘SCRIPT_NAME’]))){
$wpdb->set_prefix(MULTI_DB_PREFIX_SP);
//echo “smartphone”;
}else{
$wpdb->set_prefix(MULTI_DB_PREFIX);
//echo “honban”;
}
}

/*

* FOR DEACTIVATE JUST PUT # IN FRONT OF THE LINE

* Example For Deactivate: #add_action( ‘init’, ‘use_database’ );

* Example For Activate: add_action( ‘init’, ‘use_database’ );

*/

add_action( ‘init’, ‘use_database’ );

 

 

WP text editor plugin link anchor does not work in IE 11

WPで新規投稿で編集した際、IE 11を使用するとビジュアルでのリンク設定をすることができないとき、 (edited)

 wp\wp-admin\includes\template.php 中の _wp_admin_html_begin 関数の中に meta が定義されている部分があるので、そこにレンダリングモードの切替の記述をしておいてあげれば動くみたい。

<meta http-equiv=”X-UA-Compatible” content=”IE=8, chrome=1″>